コミュニティ型開発

AIデザインチーム A.D.A.M

無人自動操船ヨットという今までにない移動体に相応しい機能的でインパクトあるデザインを実現するため、異業種のトップデザイナー・エンジニアがプロジェクトに参画。ジェネレーティブデザインを活用し、3Dプリンタで複雑な形状を打ち出すことで造船に革命をもたらすことも目的のひとつである。

開発コミュニティ EVE

National University of Singapore(NUS)の研究者末田航氏のスーパーバイズの元、オープンソース ardupilotを活用。外部委託、ボランティア、インハウスの3つの開発チームによる同時平行開発により切磋琢磨、情報共有、開発促進を実現。

2019年6月28〜30日沖縄県うるま市浜比嘉島沖にて、3艇で自動操船実験を実施。

今後開発コミュニティを拡大予定。