会社紹介

エバーブルーテクノロジーズ株式会社 / Everblue Technologies, Inc.

所在地 182-0001 東京都調布市緑ヶ丘2-67-1 #A2

設立 2018年12月

活動拠点 神奈川県二宮町(二宮漁場)、東京都

連絡先 info [at] everblue.tech

役員紹介

野間 恒毅 Chief Executive Officer/代表取締役

上智大学院理工学研究科電気電子工学専攻博士前期課程修了後ソニー入社。ネットサービス、3Dコミュニティサービス開発運営。NYUに留学し、IoTを学ぶ。元スタートアップ企業CTO。ソフトウェア開発、ITが専門、自動車、モーターサイクルなどモビリティにも詳しくライター業も行う。小型船舶免許、無線従事者免許有。

安田 剛孝 Chief Operations Officer

上智大卒、三井化学入社。事業M&A先の経営全般に携わり、海外営業・マーケティング後、インド拠点のCFOとして現地経営、インド企業と合弁工場設立等のPJマネージャー兼任。アマゾンジャパンの横断プロジェクトを経て、Mistletoeへ参画、スタートアップのCOO兼CFO。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)、小型船舶免許、潜水士資格有。

Leonard Rogers Chief Communication Officer

University of Hawaii卒、運動生理学とリハビリテーション学専攻。Blue Planet Software社にでPJコーディネーター、イベント、Webデザイン。ハワイ発日本向け企画、メディアサポート事業立ち上げ後、R Bridge LLC起業独立。アクセラレーターBlue StartupsやInternational Moonbase Allianceでコンサルタントやメディア管理。ハワイのコワークスペースBoxJelly&The Companyのパートナーとして投資事業開拓。

フェロー紹介

金井 亮浩 ヨットデザインアドバイザー

スタンフォード大学大学院航空宇宙工学修士、東京大学大学院工学研究科船舶海洋工学博士。ともに流体力学、CFDを研究。1995、2000年のニッポンチャレンジ技術スタッフとして、アメリカズカップに参戦。2000年5月有限会社ACTを設立。2003年、イギリスGBRチャレンジの主要デザインメンバーとしてアメリカズカップに再挑戦。2004年よりレーシングヨットの設計および大型商船の船型開発などを手掛ける。

末田 航 自動航行開発アドバイザー

Senior Research Fellow, Smart Systems Institute, National University of Singapore
武蔵野美術大学造形学部卒業後、(株)ボルテージ、デジタルハリウッド(株)などを経て、2013年東京大学大学院にて博士(学際情報学)取得。2010年よりシンガポール国立大学にてヒューマンコンピュータインタラクション、メディアデザイン・アート、情報可視化などの研究に従事。SmartSail project, カラスと対話するプロジェクト主宰。

川井 利昌 開発コミュニティアドバイザー

外資系クリエイティブ人材のコンサルティング、メーカーとのブランド、商品開発の後、ロフトワークに参加。クリエイティブdivのリーダーとして大規模デジタル系プロジェクトを手がける。シンガポールの広告代理店でデジタルストラテジックプランナーとしてアジアパシフィックのプロモーション企画を経て、2012年にFabCafe立上げに携わり、COOとして世界10拠点展開やテクノロジーxコミュニティを主体としたプロジェクトを多数手掛ける。

塩澤 豊 3Dテクニカルアドバイザー

自動車業界の機械設計者時代に3D CADに出会い、世の中が変わると確信し外資系ソフトウェアベンダーへ。製造業に対する3D CADの技術提案・システム導入などを経て、建築土木、エンターテイメント業界など幅広い業界向けに3Dテクノロジーによる生産性向上・イノベーション創出の支援。Autodeskに18年在籍後、3Dテクニカルコンサルタントとして独立。デジタル技術を活用したものづくりを広めるため、企業向け支援、個人でものづくりを楽しむMAKERや子供向けSTEM教育など、老若男女問わず3Dテクノロジーの啓蒙活動を行っている。